{{ getThreeDigitsOrderId(action) }}

介護

企業

高齢者施設における予防救急と緊急時の救急対応

救急ガイドブック

 高齢化の進展に伴い、65歳以上の高齢者の救急搬送が増えており、高齢者福祉施設等(以下「施設」といいます。)からの救急要請も増加しています。
 施設からの救急要請は、入所者の急病や施設内での転倒事故等によるものが主ですが、中には「もう少し注意していれば・・・」「事前に対策しておけば・・・」といった、未然に病気やケガ等を防げたかもしれない事例も多く発生しています。
 「救急ガイドブック」は、施設内でできる病気やケガの予防のポイントをご紹介するとともに、もしもの時に、救急対応を円滑に行えるよう新たに施設職員の皆さま向けに作成したものです。

 施設職員の皆様にガイドブックを活用いただき、予防救急といざという時の対応に関する知識を広く共有することで、施設を利用する方がより安心・安全に過ごすことができる環境づくりを進めています。

 

【ガイドブック掲載内容】
・施設内での予防対策について(病気やケガの予防や救命講習の紹介など)
・救急要請のポイント(緊急時の対応ポイントや患者等搬送事業者の紹介など)
・救急シートの紹介(救急車要請時に円滑に救急隊に引き継ぐことができます)
・心肺蘇生の手順やAEDの使い方
など

【救命講習会(高齢者施設等の職員対象)の開催】
 消防局では高齢者施設等の職員を対象に救命講習会を年数回実施し、「救急ガイドブック」の説明をするとともに応急手当の実技訓練(施設内での緊急時を想定した対応)も取り入れています。開催日が決まりましたら、消防局からご案内いたします。(消防局ホームページにも掲載いたします)

【問い合わせ先】

福岡市消防局警防部救急課市民啓発係  電話:725-6574(内線6574)