{{ getThreeDigitsOrderId(action) }}

ICT・IoT

介護

介護予防

企業

要支援者を対象としたエビデンスに基づくケアプラン作成支援

介護予防・重度化防止AIの開発

 超高齢化社会が進展する中、高齢者が住み慣れた地域でできる限り自立した日常生活を送り、自分らしく生きていけるよう、
介護が必要な状態になることを予防したり、介護が必要な状態になっても、介護度が重くならないよう取り組みを進めることが重要です。  

 このため、福岡市と(株)ウェルモは、AIの活用によりケアプランの作成を支援するシステムを共同で開発します。

 このシステムを活用することで、市民の健康寿命の延伸と介護予防支援事業所(地域包括支援センター)における
ケアマネジャーの負担軽減につなげていきます。

【AIを活用したシステムとは】
 行政や民間が保有するデータをAIに学習させ、ケアプラン作成を支援するシステムです。
 要支援者を対象に、AIにより将来の体の状態を予測し、介護予防や重度化防止に資する介護予防サービスを
提案するシステムは、全国初となります。

お問い合わせ
保健福祉局介護保険課
TEL:092-733-5452