{{ getThreeDigitsOrderId(action) }}

市民

トイレの中で大腸がんを知ろう!

大腸がんトイペ・キャンペーン

 

 日本では毎年約10万人を超える人が新たに大腸がんと診断されています。
 また、部位別がん死亡数において、大腸がんの割合は女性で1位、男性で3位と、男女ともに上位に挙げられており、
 福岡市でも大腸がんによる死亡者数は年々増えています。
 
 しかし、大腸がんは早期発見することで90%以上が治ると言われています。

 人生100年時代をいつまでも自分らしく健康に暮らすためには、定期的な検診による自己チェックが大切です。

 そこで、福岡市では、大腸がん検診受診率向上のために、市役所1階(行政棟)とローソン(一部店舗)のトイレに大腸がん啓発用シールおよびトイレットペーパーを設置するとともに、市内の各企業に、啓発用シールやトイレットペーパーの設置について協力を呼びかけ、啓発の輪を広げていく新たな事業を開始しました。

 

 

1 事業期間
   令和元年11月1日(金)から令和2年10月31日(土) 1年間

2 企業への協力依頼内容
   毎月1~7日の福岡市健診受診推進週間に、社内トイレに啓発シールと啓発トイレットペーパーを設置し、社員への大腸がん検診啓発を推進。

3 お申込み方法
  ・「Fukuoka City けんしんナビ」より、お申し込みください。
  ・お申込みいただいた企業には、サンプル用にシールとトイレットペーパーを1個プレゼント
   ※啓発シールは市が無償提供します。(一社あたり最大10枚) 
   (申し込みはこちらから:https://fukuoka-kenshin-navi.city.fukuoka.lg.jp/
   ※啓発トイレットペーパーは、自社でご購入ください。
   (購入はこちらから:https://www.bravecircle.net/)   
   ※福岡市内の事業者・施設等を対象とさせていただきます。

5 表彰
   年度末と期間終了後に数社を選定し、表彰及びトイレットペーパー1,000個をプレゼントいたします。

<啓発トイレットペーパーイメージ>

 

※設置の具体例は、以下の場所でご覧いただけます。
   ローソン福岡市役所店、ローソン天神南店(常設)
   福岡市役所1階(行政棟)、福岡市役所本庁舎横ローソン隣公園

 

【問い合わせ先】

福岡市保健福祉局健康医療部健康増進課 TEL:711-4269